当院紹介

院長あいさつ

皆様はじめまして。このたび地元日暮里にてクリニックを開院させて頂くことになりました小田瑞彦と申します。

私は今まで消化器疾患、ガンを中心に内科および健診に携わってまいりました。消化器科とは、食道・胃・十二指腸・小腸大腸などの消化管と消化に関係する臓器である肝臓・胆嚢・膵臓などの疾患を診ます。
症状としましては腹痛が代表的なものであり、その他に胸焼け、嘔気嘔吐、下痢便秘、出血などがあります。
疾患としてはガンをはじめ炎症、潰瘍などです。人生100才時代と言われておりますが、健康寿命伸ばすことが大切と考えます。それには日本人の死因の1位であるガンを早期発見すること、また脳梗塞、心筋梗塞等の原因となる動脈硬化を予防するため生活習慣病である高血圧、脂質異常症などの発見改善に努めるべきです。
クリニックの方針としては、なるべく待ち時間を少なくし、丁寧に診察するよう心がけたいと思っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

■院長プロフィール

奈良県立医科大学 卒業
東京大学医学部放射線科 助手
東京顕微鏡院(健診)
板橋中央総合病院 消化器科
太田福島総合病院 院長
板橋ロイヤルケアセンター 施設長
横浜新緑総合病院 院長

診察案内
消化器内科
食道・胃・大腸の病気全般およびガン
肝臓・胆嚢・膵臓の病気全般およびガン
ピロリ菌の除菌等
腹部超音波検査

一般内科
高血圧症 高脂血症などの生活習慣病
感冒など