胃がんリスク層別化検査(ABC検診)

胃がんリスク層別化検査とは?

血液検査で、胃がんになりやすいかどうかを調べる検査です

「胃がんになりやすい(可能性の高い)人」と、
「胃がんになりにくい(可能性の低い)人」というのは
検査で確認することができます。

これを胃がんリスク層別化検査(ABC検診)と言います。

 

検査によって程度をA~Dの4群に分類します。
A群の場合、ピロリ菌に感染していない健康な胃であり、将来的な胃がんのリスクは低いと考えられます。一方B・C・D群と判定された場合、ピロリ菌に感染していて将来的な胃がんのリスクが高いと考えられますので、専門医にご相談を強くお勧めします。

とにもかくにも、自分の状態をしっておくことが大切です。